Newsaramaより

DCは未来世界を描い「フューチャー・ステート」後に、これまでの連続性に戻る2021年3月より再開される「ワンダーウーマン」のクリエイティブチームを発表した。

土曜日に開催されたCCXPの「フューチャー・ステート:ヴォイス・オブ・ワンダーウーマン」パネルで発表され、「フューチャー・ステート:イモータル・ワンダーウーマン」を描く脚本家チーム、ベッキー・クルーナンとマイケル・W・コンラッドが続投する。

公開されたヴァリアントカバーには「フューチャー・ステート」で登場する他のワンダーウーマンも登場しているが、これらのキャラクターが本編にも登場するのかは明かされていない。

クルーナンはパネルでの簡単なコメントの中で、シリーズは「ダークナイツ:デス・メタル」の後でもアクション満載のものになり、ワンダーウーマンには「楽しい時間」を与えてくれるだろうととコメントしている。

「ワンダーウーマン」#770は2021年3月より発売。

created by Rinker
¥2,112 (2021/06/21 23:51:12時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
DC Comics
¥2,663 (2021/06/21 15:38:45時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す