プレスリリースより

株式会社講談社(本社:東京都文京区、代表取締役:野間省伸)は、DCコミックスとの共同プロジェクト第一弾として、週刊青年コミック誌「モーニング」2021年4・5合併号(2020年12月24日木曜発売)より『BATMAN JUSTICE BUSTER』、同2021年6号(2021年1月7日木曜発売)より『ワンオペJOKER』の新連載をそれぞれ開始いたします。

DCコミックスは「スーパーマン」「ワンダーウーマン」そして「バットマン」など、数多くのキャラクターを生み出してきたアメリカの漫画出版社。そして講談社の「モーニング」は、「神の雫」「とんがり帽子のアトリエ」「聖☆おにいさん」など、英語版でも多くの作品を出版している週刊青年コミック誌です。DCと講談社は、2019年秋から「共同で漫画を作れないか」という話し合いを重ねてきました。日米を代表する出版社として、数多くの名作を生み出してきた両社だからこその相互理解や尊敬、作品づくりへの情熱を共有し、「様々な制約を取り払って、本当に面白い漫画を作ろう」ということで両社が合意。今回の共同制作プロジェクトがスタートしました。「お互いの強みを生かして何ができるのか」「何を目指すのか」という話し合いの中で、「バットマン」や「ジョーカー」など、DCが誇るキャラクターを活かした漫画のアイデアが生まれました。

まず先陣を切ってスタートするのは、清水栄一×下口智裕による『BATMAN JUSTICE BUSTER(バットマン ジャスティスバスター)』。NetflixにてフルCGアニメーションが世界同時配信され話題となった『ULTRAMAN』の清水栄一×下口智裕コンビが描く、「BATMAN」の完全オリジナルストーリーとなります。

続いて、新年1月7日(木)発売の「モーニング」6号から連載を開始するのは、『ワンオペJOKER(ジョーカー)』。こちらはバットマンの最大の敵でありながら、ヴィランとしての魅力でファンに愛されている「ジョーカー」が、ワンオペ子育てに奮闘するという異色のストーリー。こちらは講談社の運営するウェブコミック配信サイト『コミックDAYS』での同時連載も決定しています。

さらに今後も第二弾の新連載を企画中!
今後もDC×モーニングプロジェクトの展開にご期待ください。
『BATMAN JUSTICE BUSTER(バットマン ジャスティスバスター)』
作品公式Twitterアカウントhttps://twitter.com/batman_morning

清水栄一×下口智裕
代表作:『鉄のラインバレル』『ゲッターロボ DEVOLUTION ~宇宙最後の3分間~』『ULTRAMAN』など

清水栄一(しみず・えいいち)
漫画家。1978年生まれ、大阪府出身 原作・脚本・メカデザインを担当。
下口智裕(しもぐち・ともひろ)
漫画家。1978年生まれ、石川県出身
キャラクターデザイン・メイン作画を主に担当。
著者Twitter@nadegata_circus

「モーニング」2021年4・5合併号より

『ワンオペJOKER』
作品公式Twitterアカウント
https://twitter.com/oneope_JOKER

原作:宮川サトシ(みやがわ・さとし)
作画:後藤慶介(ごとう・けいすけ)

宮川サトシ
2012年に漫画家デビュー。
代表作:『宇宙戦艦ティラミス』『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』など。

後藤慶介
週刊少年ジャンプやジャンプ+に掲載された読み切りの作画を担当。
今作が連載デビュー。

著者Twitter
宮川氏 @bitchhime
後藤氏 @510oo015

「モーニング」2021年6号より

created by Rinker
¥3,204 (2021/06/23 16:31:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,025 (2021/06/23 07:30:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す