GAMESPOTより

公開中の映画「ワンダーウーマン 1984」ではDCコミックスに関連した要素や参照が多く存在している。映画に登場した多くのイースターエッグについて紹介。

以下、公開中の映画「ワンダーウーマン 1984」のネタバレが含まれますので注意してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真

ダイアナの歴史は映画「バットマン vs スーパーマンジャスティスの誕生」のデビュー当時から、白黒写真で構成されており、ここでは「ワンダーウーマン」での出来事の時から多くの写真を確認できる。

最初の映画からはダイアナの親友エッタ・キャンディとの写真が飾られており、彼女は「1984」までの間に老いて亡くなった。それは悲しいことだが、少なくとも彼女は長生きしたことがうかがえる。

スティーブは第一次世界大戦を生き延びなかったが、彼の遺産としてトレバー農場があることが判明している。ダイアナはそこで写真を撮っており、彼の家族が所有していたのかもしれない。

時計

最初の映画からダイアナがまだスティーブの時計を持っていることが確認できる。彼の時計は止まっていたが、それは再び動き出すこととなる。

スミソニアンでのダイアナの仕事

ダイアナは実際にコミックでもスミソニアンで働いていたことがあり、コミックでの名前はゲートウェイ市立博物館だった。ダイアナは90年代半ばに一般市民での身分として、ゲートウェイ市立博物館で職に就いていた。

アリスタ

マックスの息子アリスタはコミックスには存在しないが、マックス・ロードのコミックブックでの起源と興味深い類似点を生み出している。彼が子供の頃、父親は自分の子供に良い模範を示すことに執着しており、会社が人々の命を犠牲にしていた化学物質を製造していることを知ったとき、最終的には自分の期待と基準の重みに耐えることができなかった。マックスの父親は最終的に自殺し、マックスはほとんど孤児になった。

サイモン・スタッグ

マックスの投資家であるサイモン・スタッグは、DCコミックスの歴史上の人物であり、スタッグ・エンタープライズのCEO。コミックではサイモンは通常、メタモルフォのようなあまり知られていないヒーローに対するヴィランとして登場しているが、怪しげな商取引が必要なときはいつでも現れることで知られている。

マックスウェル・ロード

マックス・ロードの物語とアイデンティティは映画のために大部分が再発明されたが、彼のコミックから参照も見受けられる。マックス・ロードはもともと80年代後半にジャスティス・リーグ、ジャスティス・リーグ・インターナショナルのリブートの一部として導入され、最初はリーグの親切で慈善的な資金提供者だった。後に彼が実際には、すべての超人を排除しようとしていたことが明らかにされ、彼は後にマインドコントロール能力を所持した。映画でも見られるように、彼は能力を用いると鼻や耳から出血する。

ドリーム・ストーン

ドリーム・ストーンは60年代からDCコミックスに存在していたもので、これは通常ドクター・ディスティニー等のスーパーヴィランとリンクしていることで知られている。石は現実を再形成して、使用者の願いや夢を現実にもたらすことを可能にする強力なアイテム。

レーダー

スティーブは飛行機を操縦する時にレーダーへの警戒を怠っており、そのテクノロジーは第一次世界大戦後の1930年代で初めて使用され、60年代には標準になっている。

インビジブルジェット

ダイアナは呪文を使って彼女とスティーブが乗るジェットを覆い隠し、彼女の象徴的なインビジブルジェットの新しいバージョンを提供している。インビジブルジェットはワンダーウーマンの長距離旅行のための乗り物で、ダイアナは飛行能力を持っていたが、複数人のグループや貨物を輸送する必要がある状況でも使用する。

ビアリア

架空の国ビアリアは、80年代後半にマクスウェル・ロードを登場させたのと同じジャスティス・リーグのリブートのために発明された。ビアリアは中東に位置する国で、小国に過ぎなかったがクイーン・ビー等によって大国へと発展していった。

デューク・オブ・デセプション

「デューク・オブ・デセプション」という名前は、ダイアナがドリーム・ストーンの起源を説明しているときにさりげなく投げ出されるが、コミックに存在するキャラクターを指している。デュークは、ダイアナと彼女のチームメイトに対して、アレスやキルケのような邪悪な神々と歴史的に協力してきた比較的マイナーなヴィラン。

ブラザーアイ

それは映画で実現することはなかったが、マックスウェル・ロードとダイアナに世界への放送が組み合わさると、連想される1つの事件がある。バットマンがヒーロー達を監視するために作成した人工知能ブラザーアイが、マックスウェル・ロードにハッキングされ、O.M.A.C.と呼ばれるサイボーグを通してヒーローを消そうとした。スーパーマンを洗脳していたマックスウェルはダイアナによって首を折られて殺されるが、ブラザーアイがそれを映像として記録しており、世界に放送されてしまう。これはマックスウェルの計画で、ダイアナは世間から反発され、バットマンとスーパーマンとの絆に亀裂が生じた。

ゴールデンアーマー

映画ではゴールデンアーマーはアマゾンの家宝だった​​が、実際にはコミックから直接来ており、仲間のアマゾン、パラスによってダイアナのために仕立てられた。90年代に行われた「エルスワールズ」のストーリー「キングダム・カム」で最初に見られたが、最終的にはメインのDC連続性にも渡った。

チーター

バーバラが変身したチーターはコミックにたくさんのバージョンがあり、映画はそれらのいくつかから大まかに借りている。彼女の大規模な劣等感は、ヴィランの最初の化身であるプリシラ・リッチに属しているが、彼女の仕事と考古学的な傾向はバーバラ自身の起源から直接来ている。しかし、コミックではチーターになることはドリーム・ストーンやマックス・ロードとは何の関係もなく、植物神ウルズカルタガによって与えた呪いによって変貌した。

アステリア

伝説のアマゾン、アステリアはDCコミックスには存在しないが、映画では彼女はワンダーウーマンの歴史への非常にメタ的リファレンスになる。クレジットシーンでは、アステリアは男性のいる世界で生きているだけでなく、実写ドラマ「ワンダーウーマン」でダイアナを演じたことで有名なリンダ・カーターであることがわかる。

映画「ワンダーウーマン 1984」は2020年12月18日より日本公開中。監督:パティ・ジェンキンス、出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、クリステン・ウィグ、ペドロ・パスカル、配給:ワーナー・ブラザース

created by Rinker
¥299 (2021/06/22 04:29:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/06/22 16:08:02時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す