ComicBook.comより

俳優のトム・ハンクスは劇場の復活の答えは、マーベル・シネマティック・ユニバースにあると言及している。ハンクスはマーベル・スタジオや他のフランチャイズの超大作映画の存在が保証されていることのおかげで、劇場が生き延びることができるという。

ハンクスはColliderとのインタビューで、「海の変化が予定されていて・・・それは来た。映画館はまだ存在するのか?絶対に、彼らはそうなるだろう。ある意味では、一度オープンしてしまえば、出展者はどんな映画を上映するか自由に選択できるようになると思う。ビッグイベント映画が映画館での一日を支配しようとしている。『ニューズ・オブ・ザ・ワールド』は、どこかの大きなスクリーンで上映される最後の大人向け映画かもしれない。なぜなら、この後、再び人々がやっくることを保証するために、マーベル・ユニバースとあらゆる種類のフランチャイズを持つことになるだろう。」と述べている。

アメリカでは事実上すべての劇場が2020年に一度閉鎖され、スタジオの大規模なリリースによって徐々に再開されてきた。それでも、リーガルシネマのようなチェーンは、まだ今年の終わりまで彼らの劇場を閉鎖することを選択している。FDAは2つの別々の新型コロナウイルスのワクチンを承認しているが、保健当局は非優先グループへのワクチンのリリースは、早くても2021年5月までないと予測している。そのタイムラインに従うと、 2021年の終わりまでに両方のワクチンを集団的に受けることは期待できない。

映画「ブラック・ウィドウ」は2021年4月29日より日本公開予定。監督:ケイト・ショートランド、出演:スカーレット・ヨハンソン、デヴィッド・ハーバー、フローレンス・ピュー、O・T・ファグベンル、レイチェル・ワイズ等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
¥2,386 (2021/04/13 21:41:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/04/13 20:28:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す