ComicBook.comより

ザック・スナイダー監督は映画「ワンダーウーマン 1984」の興奮が収まる頃に「ジャスティス・リーグ」のプロモーションが更新されることを明らかにした。

スナイダーはYouTubeのFilmJunkeeとのインタビューで、ワーナー・ブラザースとDCがパティ・ジェンキンスの映画「ワンダーウーマン 1984」の初期展開を終えれば、3月に公開される「ジャスティス・リーグ」の電撃プロモーションがやってくると語った。「ワンダーウーマン 1984」でプロデューサーを務めたスナイダーは、映画の成功を受けて、ワーナーがパティ・ジェンキンスにやりたいことをするための自由を与えているように見えたことに満足していると、本作への意気込みを語った。彼は「ジャスティス・リーグ」の単なる予告編以上のものがあることを示唆した。

スナイダーは「そのあとは、おそらくもうすぐ別の大きなトレーラーが来るだろうし、そのあとは他のクールな活動も期待できるだろう。だから、かなりクレイジーになるだろう。」と語った。

スナイダーのカットでは、アマゾンをフィーチャーした部分も復元され、アマゾンの世界の多くのキャラクターが画面に登場することになる。スナイダーは映画「ワンダーウーマン 1984」について、「誰もがワンダーウーマンを観に行って、その素晴らしさに魅了されなければならない。」とコメントしている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年に公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/02/27 11:14:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/02/27 02:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す