CBRより

映画「ジャスティス・リーグ」で「サイボーグ」を演じたレイ・フィッシャーが、DCフィルムズのウォルター・ハマダ社長と関係のあるワーナー・ブラザースのプロジェクトに携わることを拒否している。

フィッシャーはTwitterにおいて「ウォルター・ハマダは最も危険な種類のイネーブラーだ。彼の嘘とWB PRの失敗した9月4日のヒット記事は、『ジャスティス・リーグ』の調査の非常に現実的な問題を弱体化させようとした。私は彼に関連したプロダクションには一切参加しない。A>E」と投稿している。これはハマダとDCフィルムズの公開スケジュールについての今後の計画を特集したニューヨーク・タイムズの記事に反応したものだった。

フィッシャーがハマダを名指しで言及したのは今回が初めて。フィッシャーは「ジャスティス・リーグ」に出演していた期間中、ジョス・ウェドン監督の不正行為や撮影現場での罵倒行為を非難してきた。フィッシャーはこれらの疑惑に対するワーナーメディアの調査結果に反応し、「ワーナーメディアはあなたが名乗り出る勇気を持ち、会社が従業員やパートナーのために包摂的で公平な職場環境を作ることを支援することに感謝しています」という抜粋を共有している。

DCフィルムズは2022年から年間2本のHBO Max独占映画と最大4本の劇場映画を公開することを検討している。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は、HBO Maxで2021年に公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/02/27 11:14:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/02/27 02:52:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す