CBRより

マーベルはライターのケリー・トンプソンによるケイト・ビショップ、別名ホークアイに焦点を当てた新しい散文小説を公開した。

タイトルは 「より多くのものが変化し、より多くが同じまま(The More Things Change, the More They Stay the Same)」で、この物語はマーベルの公式ウェブサイトで公開されている。ケイト・ビショップは新型コロナウイルスの中、足を骨折し、彼女の隣人がスーパーヴィランかもしれないという可能性に対処していることを特徴としている。

物語の中で、ビショップはパンデミックがどのように驚きとしてやって来たかを議論している。「誰もこれが起こるとは思っていなかった。つまり、皆が待ちに待った黙示録・・・もちろんゾンビや核の冬、シャークネード・・・。しかし、これは何ヶ月も家に居続けなければならず、自分の人生や愛する人が、比喩的にあるいは文字通りに、あるいはその両方で消えていくのを見なければならないようなものか?ああ、誰もそれについての話を書いてない。」とビショップは嘆く。

トンプソンの散文に加えて、ステファノ・カゼッリが描いたアートが公開され、ギプスと車椅子に乗ったビショップが窓から矢を射る様子を描いている。

ドラマ「ホークアイ」はDisney+(ディズニープラス)にて配信予定。

created by Rinker
¥4,982 (2022/07/02 16:36:45時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/07/03 01:55:15時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す