CBRより

マーベルはクリエイターのルイーズとウォルト・サイモンソンが、4月の「X-MEN・レジェンズ」でファンお気に入りの「X-FACTOR」を再び描くことを発表した。彼らの「X-FACTOR」は、X-MENの宿敵アポカリプスやエンジェルのデス化を紹介したことで知られている。

「X-MEN・レジェンズ」#3は「X-FACTOR」#43の直前を描き、サイクロプス、ジーン・グレイ、アイスマン、エンジェル、ビーストはアポカリプスを倒した後、シップと呼ばれる知覚力がある宇宙船に彼らの新しい本拠地を設定する。しかし、シップが故障し始め、アポカリプスのマスタープランが展開されていく。

公式概要によると「『X-MEN・レジェンズ』#3はミュータントチーム『X-FACTOR』として世界を守るオリジナルのX-MENが登場し、『X-FACTOR』#43の直前に開催される。アポカリプスを倒したX-FACTORは、今、操作の拠点として神秘的な知覚力のある宇宙船シップを使用している。しかし、シップが故障し始めると、彼らはアポカリプスの真の計画が展開し始めていることに気づくだろう。この象徴的なヴィランの元凶の全貌が明らかになる数十年に渡る再戦をお見逃しなく。」という。

「X-MEN・レジェンズ」#3は4月より発売予定。

created by Rinker
Marvel
¥4,565 (2021/01/26 23:41:06時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥1,824 (2021/01/26 23:41:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す