Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)にて配信されるドラマ「ワンダヴィジョン」の1月15日の配信開始が迫る中、多くの情報が明かされ始めている。シリーズの中で重要な役割を果たすモニカ・ランボーだが、「ワンダヴィジョン」の共同プロデューサーであるメアリー・リバノスによると、最初の段階では登場する予定ではなかったという。

SFXマガジンとのインタビューで、「彼女がシリーズに登場したことは発見であり、完全には計画されていなかったが、それはショーを本当に豊かにした。すべてのコミックを読むようにしていて、私が扱う各キャラクターの登場人物をすべてメモしている。」と語っており、それがマーベル・シネマティック・ユニバースでの彼女の役割に影響を与えることになるだろうと語っている。

モニカはコミックスで「キャプテン・マーベル」のコードネームを使用した最初の女性であり、アベンジャーズの一員だったが、デビューから数年の間に「フォトン」や「パルサー」といった異なる名前を採用している。

MCUではキャロル・ダンバースの親友マリア・ランボーの娘として「キャプテン・マーベル」に登場し、「ワンダヴィジョン」では大人になった姿で登場し、更に映画「キャプテン・マーベル2」にも再び登場予定。

「ワンダヴィジョン」は2021年1月15日よりDisney+(ディズニープラス)にて配信開始予定。

created by Rinker
¥299 (2021/06/17 09:28:04時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/17 21:01:08時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す