ComicBook.comより

マーベル・スタジオはコミックで行われたイベント「シークレット・インベージョン」をMCUに適応する。この物語では、スクラルがアベンジャーズを装って地球を侵略し、地球最強のヒーロー達を倒して世界を征服しようとしていた。アベンジャーズや他のマーベルキャラクターの数十人が役割を果たすために呼び出されるが、マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは、MCUでの「シークレット・インベージョン」について、キャラクターの大規模な名簿がない場合でも、コミックの重要な要素が残っていることを約束した。

ドラマ「ワンダヴィジョン」のプレスイベントにて、ファイギはComicBook.comとのインタビューに答え、「シークレット・インベージョン」シリーズはコミックシリーズと同じくらいの範囲になるのか、登場人物の総数やマーベル・ユニバースへの影響力はどうかという質問に対し、ファイギは「とはいえ、『シークレット・インベージョン』のコミックシリーズには『エンドゲーム』よりも多くのキャラクターが登場していたから、それはない。それはないが、サム・ジャクソンとベン・メンデルソーンのショーケースであり、『シークレット・インベージョン』のコミックシリーズのパラノイア的な要素を取り入れていて、その紆余曲折が素晴らしかった。だから、『エンドゲームよりも多くのキャラクターを詰め込むことができるか』ということよりも、『出版のように』ということに焦点を当てているのは確かだ。」と述べている。

「シークレット・インベージョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信予定。

created by Rinker
¥3,630 (2021/01/27 15:31:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/01/27 05:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す