CBRより

マーベルが新たなシリーズ「ザ・マイティ・ヴァルキリーズ」を発表した。全5号のシリーズはライターのジェイソン・アーロンとトゥルン・グローンベック、アーティストのマッティーア・デ・ルリスによって描かれ、ロキとジェーン・フォスターがチームを組み、レルムスを越えた新たな冒険を繰り広げる。

公式の概要によると「『キング・イン・ブラック:リターン・オブ・ザ・ヴァルキリーズ』でのヌルとの破滅的な対決を経て、アスガルドの最強の戦士たちは、新たなシリーズで再び栄光の旅に出ることになる。4月に発売される『ザ・マイティ・ヴァルキリーズ』は、ライターのジェイソン・アーロンとトゥルン・グローンベック、アーティストのマッティーア・デ・ルリスというオールスターのクリエイティブチームが再び集結して制作される。ジェーン・フォスターは自分が唯一のヴァルキリーだと信じていたが、黒の王ヌルとの戦いでその間違いが証明された。今、ヴァルキリーたちは変化する世界で自分たちの役割を再定義しなければならないが、アスガルドはそれを簡単にはしないだろう。ロキがミッドガルドの魂を狙う獣の噂を聞きつけてジェーンの下へ現れた時、彼女は『キング・イン・ブラック:リターン・オブ・ザ・ヴァルキリーズ』で登場したばかりの謎の新人ヴァルキリーと共に行動に移す。しかし、ジェーンの新しい同盟者には別の優先事項があるのだろうか?数年前、この古代の戦士は愛する女性と約束をした。そして今、彼女はそれに従う時が来た。」という。

グローンベックは「この物語は大きく、宇宙的で、神話的だ。オオカミが放たれ、古い神が復活し、命がヘルへ向かっている。ミッドガルドでは人々が死につつあり、ロキもその一端を担っている(ロキ以外の誰にとっても良い兆候ではないが)。私たちのヴァルキリーは、2つの異なる銀河で旅を開始するが、彼らの道はすぐに出会う。しかし、彼らの道には紆余曲折があり、誰もが彼らのように見えるものではない。彼らは正しい質問をし、謎を解く前に厳しい選択をしなければならない。」と述べている。

「ザ・マイティ・ヴァルキリーズ」#1は4月より発売。

created by Rinker
Marvel
¥2,125 (2021/01/27 15:15:23時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す