CBRより

注意:以下、ドラマ「ワンダヴィジョン」エピソード4までのネタバレが含まれます。

ドラマ「ワンダヴィジョン」のエピソード4「番組を中断します」が配信開始され、これまでに見られた多くの謎が明かされた。ワンダとヴィジョンのいるウェストビューの外側で何が起きていたのかを回答しており、明かされた謎について振り返る。

養蜂家は誰か?

エピソード2「チャンネルはそのまま」の終盤に現れた養蜂家が誰なのかについては諸説あったが、エピソード4では彼が悪人ではないことが確認された。その代わりに彼はS.W.O.R.D.のエージェントであり、下水道を通ってウェストビューに潜入するために送り込まれた。しかし、ウェストビューにはある種のエネルギーフィールドがあり、町の市民を閉じ込めていることが明らかになった。彼はウェストビューの情報を得て、モニカ・ランボーに何が起こったのかを解明しようとしているチームの一員。

ラジオの声は誰か?

エピソード2では、ワンダとドッティが話している間、ラジオでワンダに呼び掛ける人物がいた。声の響きからすでにジミー・ウーではないかと推測されていたが、エピソード4でFBI捜査官のウーであることが確認された。ダーシー・ルイスの助けと技術のおかげで、ジミーは無線機が破壊されるまでの間、無線機を通してワンダと交信することができるようになった。彼はFBIの仕事をしながらも、S.W.O.R.D.と協力して、ウエストビューにワンダとモニカの関係を解明していく。

ヘリコプターはどのようにウェストビューに来たのか?

エピソード2ではワンダが庭先でS.W.O.R.D.のロゴが入ったおもちゃのヘリコプターを見つけ、色がついていた。これが確かにS.W.O.R.D.のものであることはエピソード4で確認されているが、それはモニカがウエストビューに吸い込まれる前に送り込んだドローンである。エネルギーフィールドを過ぎるとすぐに消えてしまい、ドローンはヘリコプターのおもちゃへと変えられ、モニカにもS.W.O.R.D.にもその映像を見ることはできない。

ジェラルディンは誰か?

モニカはここ数回のエピソードではジェラルディンを名乗っているが、テヨナ・パリスが「キャプテン・マーベル」で登場したマリア・ランボーの娘モニカ・ランボーになることは以前から確定していた。モニカはスナップの犠牲者の一人で、ブリップの間に病院に戻ってきた。彼女はスナップ中に眠っていたので、戻ってくるまで何が起きたのかはわかっていないが、5年後の世界に目覚めると、母親が死んでいた。

マリアはS.W.O.R.D.を設立したため、モニカは彼らと長年のエージェントであること、組織と一緒に育ったことを明らかにしている。しかし、彼女はブリップのために地上任務にされ、彼女はウエストビューからの行方不明者の事件でジミーを助けることになった。彼女がエネルギーフィールドを調査すると、それは彼女を町に吸い込み、彼女の記憶は結果として消えているように見え、彼女は新しいアイデンティティを取ることを余儀なくされる。

これはモニカがワンダとヴィジョンの隣人とは異なり、町の出身ではないため、エピソード3「カラー放送」でアグネスとハーブが彼女が家を持っていないと言及したことに通じる。

S.W.O.R.D.とは何か?

ワンダヴィジョンの始まりから、S.W.O.R.D.の関与についての手がかりはエピソードの至る所に散りばめられている。コミックとは異なり、S.W.O.R.D.はSentient Weapon Observation and Response Department(知覚兵器観察対応局)の略となる。マリア・”フォトン”・ランボーによって設立された地球外・天体専門の組織だが、スナップとブリップの後、宇宙飛行士訓練生の半数がブリップで行方不明になり、残った訓練生の半数も精神的に大打撃を受けている。

これによりS.W.O.R.D.は有人ミッションからロボットやA.I.にシフトし、ただ監視するのではなく、感覚的な兵器を作るようになった。宇宙は予想以上の脅威に満ちており、S.W.O.R.D.はあらゆる事態に備えている。また、宇宙ミッションはすでに当たり前のように行われていることも示唆されているが、モニカのようにスナップが原因で失踪したエージェントは、当分の間宇宙での任務を禁止にすることになっている。モニカがウエストビューで姿を消したことで、なぜS.W.O.R.D.が踏み込んできたのかが明らかになる。

誰がコントロールしているのか?

ワンダがこの現実をコントロールしているかどうかについては多くの説があり、各エピソードではそれをほのめかしていたが、エピソード4ではワンダがシットコムの現実の多くの背後にいることが確認された。モニカがウエストビューから追い出された後に、彼女は「ワンダよ。何もかもワンダよ。」と述べていた。

このエピソードではウエストビューの時間制御と共に、ワンダは何も悪いことが起こっていないように見えるように彼女の家を再構築しているのを見た。さらにヴィジョンは、彼らがウエストビューに滞在する必要はないと彼女に伝えたとき、ワンダはここが彼らの家であり、「全部コントロールできている。」と言及した。これはワンダの完璧な世界であり、ヴィジョンと隣人は彼らがそれを好むかどうかにかかわらず、そこに住んでいる。

ウェストビューの市民は誰か?

モニカは行方不明者とジミーを助けるためにウエストビューに来るが、町とその看板の目の前に立っているにもかかわらず、ウエストビューがあると信じていない近隣の警察官と、奇妙な何かを経ていることが明らかにされている。モニカがエネルギーフィールドに吸い込まれた後、S.W.O.R.D.が入ってきて、組織、ジミー、ダーシーは顔認証を使ってショーの「キャラクター」が誰なのかを把握し始める。

彼らはこのシットコムの現実に閉じ込められた民間人であることが判明する。彼らの記憶はモニカのように変更されているように見えるが、彼らの記憶が戻ってくる瞬間があり、ドッティがワンダに立ち向かうときやハーブが何が間違っているのかヴィジョンに伝えようとした。しかし、彼らのシットコムの名前は、彼らの本当の名前とは異なる。これは彼らが非常にイレギュラーな状況に強制された普通の人々であるため、エピソード2でドッティがワンダと対峙する間、非常に恐れと混乱していた理由を説明している。更にアグネスの身元は不明である。

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥199 (2021/05/06 20:38:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2021/05/06 20:40:36時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す