CBRより

映画「ブラックパンサー」の監督ライアン・クーグラーが、Disney+(ディズニープラス)のためにアフリカの王国ワカンダに焦点を当てた新しいスピンオフシリーズを開発しているという。

Deadlineによると、この発表はクーグラーがジンジ・クーグラー、セブ・オハニアン、ルートヴィヒ・ゴーランソン、アーチー・デイヴィス、ピーター・ニックスと共に運営するプロキシミティ・メディアと5年間の独占テレビ契約を結んだことを受けてのものだという。クーラーは現在、マーベル・スタジオのために「ブラックパンサー2」を制作中。

ウォルト・ディズニー・カンパニーのエグゼクティブ・チェアマン、ボブ・アイガーは声明の中で、「ライアン・クーグラーはそのビジョンと幅の広さによって、同世代でも傑出した映画製作者の1人となった特異なストーリーテラーである。『ブラックパンサー』で、ライアンは画期的なストーリーと象徴的なキャラクターを、リアルで意味のある記憶に残る方法で実現し、文化的な瞬間を生み出した。私たちは、私たちの関係を強化することに興奮しており、ライアンと彼のチームと一緒に、より多くの素晴らしい物語を語ることを楽しみにしている。」と述べている。

クーグラーはプロキシミティ・メディアを代表して、「ウォルト・ディズニー・カンパニーと提携できたことを光栄に思う。『ブラックパンサー』で彼らと一緒に仕事をすることは夢のようなことだった。テレビの熱心な消費者として、ボブ・アイガー、ダナ・ウォルデン、そしてディズニーの傘下にある素晴らしいスタジオと一緒にテレビ事業を立ち上げることができて、これ以上の喜びはない。私たちはディズニーのプラットフォームを通じて世界中の視聴者と学び、成長し、関係を築くことを楽しみにしている。特に、ケヴィン・ファイギ、ルイ・デスポジート、ヴィクトリア・アロンソ、そしてマーベル・スタジオのパートナーたちと一緒に、ディズニープラスのMCU作品を制作していくことになり、とても楽しみにしている。すでにいくつかのプロジェクトが進行中で、共有するのが待ち遠しい。」と述べている。

レティシア・ライト、ルピタ・ニョンゴ、ウィンストン・デューク、アンジェラ・バセットが2018年の「ブラックパンサー」の続編に戻ってくる。「ブラックパンサー2」の撮影は2021年7月にアトランタで開始される予定。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、チャドウィック・ボーズマンの死を受けて、ティ・チャラは「ブラックパンサー2」でCGIを使用しての登場はないと明言している。

映画「ブラックパンサー2」は2022年7月8日より米公開予定。

created by Rinker
¥300 (2021/06/22 03:10:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/21 21:02:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す