Comicbook.comより

注意:以下、ドラマ「ワンダヴィジョン」エピソード5のネタバレが含まれます。

ドラマ「ワンダヴィジョン」エピソード5では、映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」で死んだワンダの弟ピエトロを復活させ、ファンに衝撃を与えた。さらに衝撃的だったのは、アーロン・テイラー=ジョンソンの代わりに、X-MEN映画シリーズで同じキャラクターを演じたエヴァン・ピーターズが出演した。この瞬間は、最終的にマーベル・シネマティック・ユニバースにX-MENが登場するかどうかに大きな影響を与える可能性がある。シリーズのショーランナーであるジャック・シェイファーは、ピーターズをピエトロとして紹介するというアイデアを成功させるのは簡単なことではなかったと話している。

シェイファーはMarvel.comにて、「私たちは、彼を連れ戻すというアイデアが大好きだった。どうやって論理的な意味を持たせるのか?どうやって正当化するのか?それが大事で、100万通りの素晴らしいアイデアが出てくるが、より大きな物語に有機的なものを感じさせるために地に足をつかせる必要がある。このショーはマインドスクランブルで、何が現実で何が現実でないのか、パフォーマンス、キャスティング、観客、ファンダムなど、様々なレベルで動いているため、マーベル・シネマティック・ユニバースにエヴァンを連れてくることが最大のスリルになると思った。」と述べている。

シェイファーは続けて、「私たちは長い間それを応援していて、それが可能かどうかもわからなかった。実現するには複雑だった。エヴァンはいつも、いつも、いつも、いつも、いつも、それに賛成してくれていた。彼はコミックブックのファンであり、マーベルのファン。彼はいつも、絶対的に奇妙な選択肢に賛成している。一緒に仕事ができて本当に良かった。誰もが本当に興奮していた。マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは、それには理由があって意味のあるものであることを確認したかったと思う。それが私たちのやったことだと願っている。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2021/06/23 21:03:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥300 (2021/06/23 02:54:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す