Newsaramaより

DCは「バットマン」に登場する新たなヴィラン、ミラクル・モリーを発表した。パンチライン、クラウンハンター、ゴーストメーカーを作成したライターのジェームズ・タイニオン4世とアーティストのジョルジ・ヒメネスによって作成され、5月の「バットマン」#108でデビューする。

バットマンは突然出現した超人主義者アンサニティ・コレクティヴの潜入捜査を行い、コレクティヴの副官であり、あらゆる技術を修理できる天才エンジニアのミラクル・モリーと出会うという。

DCの発表にはヒメネスによるミラクル・モリーを特集したメインカバー、スタンレー・ラウによるポートレートスタイルのヴァリアントカバー、リッカルド・フェデリチによる1:25のヴァリアントカードストックカバーが提供される。

公式の概要によると「アーカム・デイの出来事の後、スケアクロウはゴッサム・シティのために何を計画しているのか?そして・・・サイモン・セイントはAデイの生存者ショーン・マホニーのために何を計画しているのか、そしてそれらがクリストファー・ナカノ市長や判事とどのように結びつくのか?」という。

「バットマン」#108は5月4日より発売予定。

created by Rinker
¥3,189 (2021/06/22 15:40:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,025 (2021/06/22 07:15:40時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す