CBRより

DCコミックの「ワンダーガール」がCWの実写ドラマとして開発中であることが発表されていたが、もはや積極的な開発は行われていないという。

脚本を書き、ワンダーガールのエグゼクティブプロデューサーとショーランナーを務めていたはずのデイリン・ロドリゲスがTwitterにて、「それで、いくつかの悲しいニュース。質問するすべての人にとって、ワンダーガールはCWで取り上げられていない。私は私が書いた脚本をとても誇りに思っていた。私が作った世界を共有できたらよかったのだが、残念ながらそうなることは意図されていない。みんなの熱意に感謝している。私にとって大きな意味があった。」と述べている。CWがワンダーガールを見送った理由は明らかにされていない。

ヤラ・フローを題材にしたワンダーガールシリーズは2020年11月に発表された。ヤラ・フローはDCフューチャー・ステートの一部としてデビューし、ジョエル・ジョーンズによって作成された。ヤラ・フローは 「アマゾンの戦士とブラジルの川の神の間に生まれたラティーナ・ドリーマーは、自分がワンダーガールであることを知り、彼女の新たな力で世界を破壊しようとする悪の勢力と戦わなければならない」と表現されていた。

created by Rinker
¥539 (2021/06/23 19:46:18時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,423 (2021/06/23 19:46:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す