ComicBook.comより

ザック・スナイダー監督が「ジャスティス・リーグ」のモノクロ版の作業をほぼ完了したと確認した。以前よりモノクロ版の存在を示唆していたが、それが「ジャスティス・イズ・グレイ・エディション」となることを確認した。

スナイダーはI Minutemenとのインタビューで、「いつかは白黒映画を撮りたいと思っている。今、ジャスティス・リーグの白黒版を完成させているところ。『ジャスティス・イズ・グレイ・エディション』と呼ばれている。それが私が呼んでいるもので、『ジャスティス・リーグ:ジャスティス・イズ・グレイ・エディション』。彼らが言うような白黒版ではないんだ(笑)。でも、それが白黒版の名前だ。」と語っている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年3月18日よりHBO Maxで米配信され、映画は当初の4部構成から1本の映画としてリリースされる。HBO Maxに加えその他地域のHBOサービスにて配信されるが、HBOのサービスがない地域においては今後、リリース方法を発表していく予定。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年3月18日よりHBO Maxで米配信。

created by Rinker
¥400 (2022/01/16 08:17:32時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/17 07:13:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す