Newsaramaより

DCは今年のコミックスプロの恒例イベントでコミックブックの小売店にバーチャルプレゼンテーションを行い、2021年に出版を予定している11タイトルの新作を発表した。

デスストロークInc
ハーレー・クインアニメシリーズの続編
ワンダーウーマン80周年記念タイトル
エルスワールド(新DCオムニバースの新たな中心世界)
DCヴァンパイアズ(ワーキングタイトルとして記載)
ロビン・アンド・バットマン
ジョーカー:ア・パズル・ボックス
ザ・レジェンド・オブ・バットマン
クラッシュ・アンド・ロボ
ヌビア・アンド・ジ・アマゾンズ
DCミドル・エイジズ

DCはこれらのプロジェクトに関する詳細な情報を年間を通じて提供していくと述べている。

また、出版社は8月14日に開催される「フリーコミック・デイ2021」に参加する意向も発表している。伝統的に5月の第一土曜日に行われてきたが、新型コロナウイルスのために2020年には中止され、今年は同じ理由で8月に予定されている。

created by Rinker
¥1,650 (2021/03/08 02:06:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,600 (2021/03/07 21:01:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す