Comicbook.comより

ザック・スナイダー監督はIGN Fan Fest 2021にて「ジャスティス・リーグ」に関する新たな詳細を提供している。以前、ベン・アフレック演じるバットマンがダークサイドに敗北した未来を描いたナイトメアシーンに、ジョーカーが登場することが報じられていた。スナイダーのパネルによると、彼は常にこのシーンにジョーカーを入れたいと考えていたという。

スナイダーは「それは本当に私の心の中で、彼らの両方が共有している紛争の神話的な核心が、彼らの関係を定義している。2人がお互いの苦労話を言い合うシーンがないと、DCユニバースのファンとしては物足りなさを感じていた。それは、2人が一緒になるのを見ることができるという希望だったのだが、特にお互いのことや、お互いの葛藤やその理由を少しだけ振り返ることができたため、それがとても楽しかった。」と語っている。

スナイダーはその後、「ナイトメアのリアリティには常に(ジョーカーを)登場させたいと思っていたので、素晴らしい機会だった。ジャレッドと話をして、彼が興味を持ってくれたとき、これは絶対に見逃せないことだと感じた。」と述べている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年3月18日よりHBO Maxで米配信され、映画は当初の4部構成から1本の映画としてリリースされる。HBO Maxに加えその他地域のHBOサービスにて配信されるが、HBOのサービスがない地域においては今後、リリース方法を発表していく予定。

created by Rinker
¥400 (2021/04/14 12:29:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/04/15 06:31:53時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す