CBRより

トム・ホランドが映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でスパイダーマンことピーター・パーカーを再演することになったが、アイアンマンを演じたロバート・ダウニー・Jrはホランドにはスパイダーマンを演じるのに最適な本質的特徴があると考えているという。

ダウニーはホランドが出演予定の映画「チェリー」について話している間、ホランドがプレッシャーにどう対処するかによって、この役に最適な人物であることを知っていたと語っている。ダウニーは「このような役を演じるときには、誰かに降りかかる火の試練を乗り切ることができることが重要だ。マーベルのファンは素晴らしくも恐ろしいほど献身的だ。彼らはあなたのすべてを吸収する。彼らは期待している。スパイダーマンになることは、Kホールに行くようなもので、そこで迷子になるのは簡単だ。容赦なく働かされているという事実に加えて。狂気の沙汰だ。でもトムなら大丈夫。私にはわかる。彼は養蜂家だ。」と述べている。

ダウニーは「養蜂家」のコメントを詳しく聞かれ、「私、トム、マーベルのみんな、私たちは養蜂家だ。それはセクシーではない。スーツを着ていても暑い。見えないでしょ?リーダーのために甘い甘いシロップのような蜜を作るために汗を流している。我々は全員養蜂家だ。過給の養蜂家だが、トムは違う。彼には力がある。彼はそれを必要としていた。私はそれに共感できる。彼が『チェリー』とルッソの間で劇的に変わったことを嬉しく思う。彼は収まった。」と述べている。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年12月17日に米公開予定。

created by Rinker
¥2,500 (2021/04/14 08:56:10時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/04/14 06:33:29時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す