ScreenRantより

Disney+(ディズニープラス)ドラマ「ワンダヴィジョン」の脚本/エグゼクティブ・プロデューサーであるジャック・シェイファーは、ピエトロとしてエヴァン・ピーターズをキャスティングできなかった場合、別のプランはなかったと明かしている。

ニューヨーク・タイムズとのインタビューでシェイファーは、「それは非常に長い間大きな疑問符だった。それが可能かどうかを判断するのに時間がかかった。最終的に可能であることが確認されたのは遅かった。でも、私たちはそのために書いていた。エヴァンは『フルハウス』のジェシーおじさんや『ファミリータイズ』のニック、『フレンズ』のジョーイなどを演じることができるカメレオンのような存在。彼はそういう層を演じることができる。場がしばしば変化しており、そこから驚くようなことが起こることもある。何度か書いたシーンで、『これは天才だ!』と思ったことがある。『いや、そのおもちゃは持てない』となって、自分の番組に合った別のオモチャを探せばいいとなる。しかし、それにはプランBはなかった。強い希望と夢があって、それが叶った。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2022/08/14 02:23:42時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2022/08/13 12:13:01時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す