Comicbook.comより

Disney+(ディズニープラス)ドラマ「ワンダヴィジョン」の脚本/エグゼクティブ・プロデューサーであるジャック・シェイファーは、ファン理論で多く見られた「メフィスト」による陰謀ではなかったことについて言及した。

シェイファーはDeadlineにて「このシリーズに大悪党は必要ないと思っていた。つまり、大きな悪は悲しみ。それが私たちが話していたこと。それから、ワンダの治療を促進することになったアガサ・ハークネスの形でボーナスのヴィランを手に入れた。そう、それについては良いことだったと感じている。」と述べている。

また、ワンダが登場する「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」から「ドクター・ストレンジ」が登場しなかったことを聞かれ、「私は皆と同じようにドクター・ストレンジを愛している。ええ、私はこれが世の中というものということになるが、ドクター・ストレンジ2でワンダと一緒にスクリーンに映る彼を見るのが楽しみ。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2022/01/16 23:14:41時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,530 (2022/01/16 07:17:48時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す