Comicbook.comより

俳優のドミニク・ソーンは、マーベル・スタジオ・シリーズ「アイアンハート」のリリ・ウィリアムズ役を演じるにあたり、「オーディションはまったくなかった」と語っている。ソーンの出演作はオスカー受賞作の「ビール・ストリートの恋人たち」と、オスカーにノミネートされたばかりの「ジューダス・アンド・ザ・ブラック・メサイア」の2作品のみ。ソーンがDisney+(ディズニープラス)シリーズの主役としてマーベル・シネマティック・ユニバースに参加する際には、アイアンマン以来の最先端のアーマー・スーツを作る若き天才発明家リリ・ウィリアムズを演じる。

ソーンはEmpireとのインタビューで「デラウェア州の自宅にいたら、この役をやらないかという電話がかかってきた。それは最高の電話だった。あまりの衝撃に、実は会話にかなりのタイムラグがあった!(笑)『ああ、私たちはページを送るよ』とか『テープを送ってくれ』とか言われるのを待っていた。でも、そんなことはなかった。『これをやってみないか』という感じだった。オーディションがまったくないというのは、これまでに経験したことのないユニークな体験だったかもしれない。」と述べている。

「アイアンハート」はディズニープラスにて配信予定。

created by Rinker
¥1,474 (2022/12/01 21:24:40時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/12/01 04:35:09時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す