CBRより

CWによるDCドラマ「ナオミ」の主演に、ケイシー・ウォルフォールがキャスティングされた。Varietyによると、他にも3人のシリーズレギュラーがキャスティングされており、アレクサンダー・レイス、クランストン・ジョンソン、カミラ・モレノがウォルフォールと共に、エイヴァ・デュヴァーネイとジル・ブランケンシップが手掛けるシリーズに登場する。

ウォルフォール演じるナオミの役柄については、「何の苦労もなくクールで自信に満ちた高校生で、溺愛する両親の養女である。軍隊のある町では子供たちに人気があり、ナオミはAPプログラムの学生で、コミックブックが好きなオタク気質を恐れずに受け入れている。ある超自然的な出来事をきっかけに、自分の中にある力を発見したナオミは、自分の隠された運命を追い求めていく。」と説明している。

アレクサンダー・レイスのディーは「地元のタトゥーパーラーのオーナー。奇妙な出来事で町が混乱に陥ったとき、ディーは自分が話す以上のことを知っているとほのめかす。」と説明している。

クランストン・ジョンソンが演じるズンバドは、「地元の中古車屋の謎めいた店主。彼の過去にまつわる厄介な噂を聞いたナオミは、積極的に彼を避けようとするが、緊迫した出会いが彼女を震え上がらせ、好奇心を抱かせる。」と説明している。

カミラ・モレノ演じるルルドは、「ヴィンテージコレクティブルショップで働く、皮肉なユーモアのセンスを持つ若い女性。彼女はナオミに片思いしていて、彼女のクラシックコミックへのこだわりを共有している。また、ナオミの企みに喜んで参加している。」と説明している。

ナオミはブライアン・マイケル・ベンディスの「ワンダー・コミックス」の下で最初に発売されたタイトルの1つ。オレゴン州ポートオズウィーゴという小さな町でのスーパーマンとの短い出会いが、ナオミの原点となった。彼女のミニシリーズを通して、ナオミは彼女の両親がDCマルチバースの別の地球から来たことを知り、彼女が並外れた力を持っていることを発見した。ナオミは最終的にヤング・ジャスティスに参加した。

created by Rinker
¥1,388 (2021/05/06 10:09:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,841 (2021/05/06 13:01:31時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す