CBRより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ホークアイ」に登場する「エコー」は、すでに独自のスピンオフシリーズを手に入れているかもしれない。

Varietyによると、マーベル・スタジオによるDisney+(ディズニープラス)「ホークアイ」シリーズでアラクア・コックスが演じる耳の不自由なネイティブ・アメリカンのヒーロー、エコーを主役にしたシリーズが現在開発初期段階にあり、エタンとエミリー・コーエンが脚本とプロデュースを担当することになっているという。この報道について、マーベルはまだコメントしていない。

デヴィッド・マックとジョー・カザーダによって作成されたマヤ・ロペス/エコーは、1999年の「デアデビル」#9で初登場した。 コミックに登場する数少ないネイティブアメリカンで、耳の聞こえないキャラクターであり、彼女はヴィランのタスクマスターに似た他人の動きをコピーする能力を持っている。

「ホークアイ」シリーズはジェレミー・レナー演じるクリント・バートン、ヘイリー・スタインフェルド演じるケイト・ビショップの他、ヴェラ・ファーミガはエレノア・ビショップ、フラ・フィーはカジ、トニー・ダルトンはジャック・デュケイン/ソーズマン、アラクア・コックスはエコーことマヤ・ロペス、ザン・マクラーノンはウィリアム・ロペスを演じる。

「ホークアイ」はDisney+(ディズニープラス)にて配信予定。

created by Rinker
¥3,987 (2022/01/22 10:29:08時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2022/01/22 23:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す