CBRより

2019年以降、対面式のイベントが一切行われていないサンディエゴ・コミコン・インターナショナルが、11月に行う対面イベントの詳細を発表した。

このニュースはComic-Con.orgで共有され、感謝祭の週末にサンディエゴ・コンベンション・センターで3日間のイベントが開催されることが明らかになった。期間は11月26日(金)に始まり、11月28日(日)に終了する。

昨年のイベントが新型コロナウイルスのパンデミックにより中止されたことや、通常の夏のSDCCの日程ではまだ大勢の人が集まるには早すぎると判断されたことから、組織が主催するバーチャルイベントに加えて、小規模な集まりとして「コミコン・スペシャル・エディション」が企画された。

今回の発表では、世界的なロックダウンの影響が続いていることを認め、「秋にはより多くの人々が集まることができる状況になることを願っている。コミコン・スペシャル・エディションは、コミコン2019以来、組織がプロデュースする初の対面式コンベンションであり、世界的なパンデミック「新型コロナウイルス」が発生してから初めてのものとなる。」と記載されている。

また、パンデミックが組織とその所在地に与えた経済的困難についても言及された。広報担当者のデビッド・グランツァーは、「対面式の集まりから限定的なオンラインイベントへと軸足を移すことができたが、多くの中小企業がそうであるように、収益の損失は組織に深刻な影響を与えており、勤務時間の短縮や従業員の給与削減などが必要となっている・・・。願わくば、このイベントが我々の財政基盤を強化し、2022年にはより大規模な対面式の集まりにゆっくりと戻ってくることを願っている。」と述べている。

参加定員やバッジ、チケット代などの具体的な詳細はまだ確認されていない。

created by Rinker
Marvel
¥4,154 (2021/10/18 09:34:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,650 (2021/10/18 02:25:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す