CBRより

マーベル・コミックは新たな「ムーンナイト」シリーズの開始を発表した。シリーズはライターのジェド・マッケイとアーティストのアレッサンドロ・カプチーノによって描かれ、ジェイソン・アーロンの「アベンジャーズ」シリーズの流れを汲み、ムーンナイトが新たに結成された「ミッドナイト・ミッション」に参加する人々を守るという内容になっている。また、ムーンナイトは「アベンジャーズ」シリーズのストーリー「エイジ・オブ・コンシュー」の最後に彼が投獄した神コンシューを失ったことにも取り組む。

マッケイは「アレッサンドロ・カプチーノと一緒に、マーベル最大の厄介者であるムーンナイトの冒険を続けることができて、とても興奮している!マーク・スペクターは『エイジ・オブ・コンシュー』で世界征服を試みて失敗した後、自分が知っていること、つまりストリートで頭を切り刻むことに専念していた。しかし、アベンジャーズに自分の神を裏切られても、コンシューの拳の義務は、夜の旅をする人々を守ることに変わりはない。月の神の背教者である謎のミスター・ナイトは、ミッドナイト・ミッションの扉を開き、奇妙なものを恐れる人々がムーンナイトの助けを求めることができるようにした。しかし、これは誰にとっても好ましいことではなく、隠れた脅威がマークの新しいスタートを影から取り囲んでいた・・・。」と述べている。

カプチーノは「トム・ブレヴォートからムーンナイトの新シリーズを担当しないかと連絡を受けたとき、私は信じられなかった。私の好きなキャラクターの1人とマーベルコミックでデビューするなんて、夢が叶った。この物語はムーンナイトの新たな始まりであり、ジェドはいつも通り素晴らしい脚本を書いてくれた。」と述べている。

「ムーンナイト」は7月7日より発売予定。

created by Rinker
¥4,007 (2021/06/14 11:01:58時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥12,800 (2021/09/16 17:12:47時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す