CBRより

映画「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」から「バットマン」の初期デザインのコンセプトアートが公開された。

コンセプトアーティストのジェラド・S・マランツがInstagramにて共有し、「ここではバットマンのタクティカル・スーツに関する初期の調査を行った。私はまず、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』のためのバットマンのコンセプトアートをスケッチすることから始めた。最終的なデザインに引き継がれたテーマがいくつかあるのがわかると思う。衣装デザイナーのマイケル・ウィルキンソンとの仕事は素晴らしいものだった。彼はこの業界で最高の人物の1人だ。」とコメントしている。

ザック・スナイダー版「ジャスティス・リーグ」は2021年3月18日よりHBO Maxで米配信され、映画は当初の4部構成から1本の映画としてリリースされている。日本では「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」として、初夏よりデジタル配信及びディスク版をリリース予定。

created by Rinker
¥400 (2021/04/14 12:29:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/04/14 06:23:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す