CBRより

アルフレッド・モリーナのドクター・オクトパス役復帰は、もう噂ではない。

俳優のアルフレッド・モリーナが、マーベル・シネマティック・ユニバースを舞台にしたジョン・ワッツ監督の「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で、ヴィランのオットー・オクタヴィウス博士/ドクター・オクトパスを再び演じることを自ら認めた。モリーナは、サム・ライミ監督が2004年に製作した「スパイダーマン2」でドック・オック役を演じた。

モリーナはVarietyとのインタビューで、「撮影中、私たちは皆、このことを口にしないように命じられていた。しかし、インターネットではすっかり有名になってしまった。私は自分のことを『ハリウッドで最もひどい秘密』と表現した。素晴らしかった。17年ぶりに戻って同じ役を演じるのは、とても興味深いことだった。その間に、私は2つの顎、ワタリガニ、カラスの足跡、そして少しばかり気になる腰を手に入れたのだから。」と述べている。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年12月17日に米公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/06/21 22:12:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/22 04:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す