CBRより

マッツ・ミケルセンは、2005年の映画「ファンタスティック・フォー」のオーディションにあまり良い思い出がないようだ。

ミケルセンはVultureとのインタビューで、「キャスティングの多くは第一印象で決まるものだと知っている。プロデューサーや監督が求めているキャラクターを思い起こさせるものがそこにあるかどうか。しかし、部屋に入ってきた人に、ゴム人間のように80フィートの腕を持っているふりをしながら、一つのセリフを言ってくれと頼むのは失礼だと思う。『あのコーヒーカップをあそこに持っていって』とか、正気?って感じ。ここにはシーンすらない。屈辱的でだった。」と述べている。この役は最終的に、ミケルセンの親友だったヨアン・グリフィズが演じた。

ティム・ストーリー監督は、2005年の「ファンタスティック・フォー [超能力ユニット]」と、その続編である2007年の「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」を製作した。20世紀FOXは2015年にフランチャイズのリブートを行った。ディズニーとFOXの合併し、マーベル・シネマティック・ユニバースでは「スパイダーマン」シリーズのジョン・ワッツが指揮を執ることになり、新たなリブート作品が制作される。

created by Rinker
¥299 (2021/06/22 13:21:59時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/22 08:09:49時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す