Newsaramaより

マーベル・コミックはジェームズ・キャメロン監督による「エイリアン2(エイリアンズ)」35周年を記念して、特大ワンショット「エイリアンズ:アフターマス」を発表した。このワンショットは映画の舞台となった月LV-426のテラフォーミング、研究、採掘コロニー「ハドリーズ・ホープ」を舞台にしている。ライターのベンジャミン・パーシーとアーティストのデイブ・ワッチャーによって描かれ、カバーはフィル・ノトが担当している。

公式の概要によると「ハドリーズ・ホープ・コロニーの悲劇から35年が経ったが、その不運な冒険の間に何が起こったのかは謎に包まれている。調査ジャーナリストの反逆者たちは、ウェイランド・ユタニ社がすべての記録を抹消した月に向かっている。彼らは自分たちが死んでも真実を持ち帰るだろう・・・そして、爆撃された場所に残っているものは、それを実行しようとするだろう。」と述べている。

パーシーは「子供の頃、ドアの長さのポスターに、木を突き破って蝶番を引き裂き、滴る牙のような笑みを浮かべて忍び寄るゼノモーフが描かれていた。毎晩、この映像を見ながら眠りについていた。この映像は、何度も何度も見たり読んだりした映画やコミックと同様に、私の想像力に影響を与えたことは間違いない。今日に至るまで、私はテーブルに手を置いて、広げた指の間でカチカチと音を立てないとナイフを握ることができない。卓球でもゲームでも、『ゲームオーバーだ』と叫ばずにはいられない。オレンジ色のタビーを引っ掻いても、『あなたは私の幸運の星・・・ラッキー、ラッキー、ラッキー、ラッキー、ラッキー』と囁かずにはいられない。私は人生のほとんどの期間、これらの物語に恋している。そして、酸の血で書かれた脚本で『エイリアンズ』の35周年を祝うことは、本当に名誉であり、喜びだ。」と述べている。

「エイリアンズ:アフターマス」#1 は7月14日より発売予定。

created by Rinker
¥2,168 (2021/06/23 18:47:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥945 (2021/06/23 18:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す