Newsaramaより

マーベルは8月に行われるフリー・コミックブック・デイのタイトル「アベンジャーズ/ハルク」の概要を発表した。

概要によると「時を超えた地に、輝く塔が立ち、迫り来る闇に対抗するために、マルチバースにその工作員を配備している!謎に包まれたアベンジャー・プライムとは何者なのか、そして彼の出現は強大なアベンジャーズの過去、現在、そして未来にどのような影響を与えるのか?」と説明している。

FCBD2021の「アベンジャーズ/ハルク」は、長年アベンジャーズに携わってきたライターのジェイソン・アーロンが執筆し、マーベル・ストームブレイカーズのアーティストであるイバン・コエロが参加する。

アーロンはブログにおいて、「『ワールド・ウォー・シーハルク』は、2021年に私が書いた最初のアベンジャーズ・アークで、期待に満ちたこの新しい年に書いたもの。しかし、この作品はシリーズのダークなトーンへの移行を象徴しており、本作の進行中のスレッドのいくつかを結び始めている。これは、2022年に向けての新たな展開となる、あらゆる種類の爆発と壮大な狂気を孕んだ巨大な#50に移行している。フリー・コミックブック・デイのアベンジャーズ号も、その大きなピースになるだろう。」と言及している。

「アベンジャーズ/ハルク」#1は8月14日より配布予定。

created by Rinker
¥2,502 (2021/08/01 09:45:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥2,389 (2021/08/01 14:01:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す