Comicbook.comより

エヴァン・ピーターズはDisney+(ディズニープラス)ドラマ「ワンダヴィジョン」で偽物のピエトロマキシモフ、ラルフ・ボーナーを演じたが、彼の名字が「ボーナー」であることを「全く知らなかった」という。

ピーターズはペース大学に出演し、「彼の姓がボーナーだとは知らなかった。だから、2階の男の隠れ家で、(モニカ・ランボーに)説明しているシーンがあるんだけど・・・彼女はヘッドショットを見て、『ラルフ・ボーナー!』って言うんだ。それで私は『ボーナーか!』と思った。自分の名字がボーナーだとは知らなかったので、大笑いしてしまった。最初から彼がラルフであり、魔女に操られていることはわかっていた。」と述べている。

涙と驚愕の結末に終わった『アベンジャーズ/エンドゲーム』から約1年半、ワンダとヴィジョンの”その後“を描く、
マーベル・スタジオ”初“のオリジナルドラマシリーズがついに登場。
とある郊外の街に引っ越してきたスカーレット・ウィッチことワンダ・マキシモフとヴィジョンは、夢にまでみた結婚生活を手に入れ、幸せな日々を送っていた。
しかし次第にその裏に隠された”謎“がむき出しになっていく…やがて待ち受ける衝撃的&壮大な展開の行く末は…?

ドラマ「ワンダヴィジョン」はDisney+(ディズニープラス)にて配信中。

created by Rinker
¥299 (2021/06/21 21:02:01時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,980 (2021/06/22 06:31:18時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す