CBRより

ホライゾン・コミックスとその創業者であるベン・レイとレイモンド・レイは、特徴的なアーマーをマーベル・シネマティック・ユニバースで盗作されたとして、著作権侵害訴訟をマーベル・エンターテインメントとディズニーに対して提訴した。

レイ兄弟は2001年から2002年にかけて、最先端のアーマーデザインを採用した「レイディックス」をイメージ・コミックで連載していた。兄弟は特徴的なデザインをマーベル・シネマティック・ユニバースのアイアンマンとアントマンのアーマーに使用されたと感じている。

レイは映画「アイアンマン3」の公開時にマーベル・エンターテインメントとディズニーを訴えたことがあり、その際の最大の争点のひとつが、映画のポスターが彼らが描いた「レイディックス」の絵に似ていることだった。この訴訟は最終的には却下されたが、兄弟は当時、訴訟を続けるための弁護士費用が多すぎると指摘していた。しかし、彼らは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」は侵害を継続し、「アントマン」のアーマーも彼らの作品を侵害したと考えているとのこと。

ライズは、マサチューセッツ工科大学の政府助成金のために、自分たちのアートを無断で使用されたことで知られている(MITの助成金は「レイディックス」のようなアーマーをデザインするためのもので、大学側は助成金のために実際「レイディックス」の図面を使用した)。MITは謝罪し、レイはそれを受け入れた。しかし、彼らは、マーベルが同じことをしていると見ており、特にMITの事件の後、彼らはマーベルで働いていたため、マーベルが彼らの作品をよく知っていたことは明らかだと主張している。

兄弟は「私たちは1995年に、ユニークなものを作るという目標を持って『レイディックス』を始めた。レイディックスで、私たちはアメリカのコミック業界で知られるようになり、認知されるようになった。私たちは自分たちの名前を作った。そのおかげで、マーベルをはじめ、あちこちで仕事ができるようになった。2002年にMIT(マサチューセッツ工科大学)が5000万ドルの助成金を得るためにレイディックスのキャラクターをコピーしたが、彼らが公式に謝罪して過ちを認めたので、私たちは訴訟を起こさないことにした。しかし、マーベルは侵害を繰り返している。アメリカで何年も訴訟を起こし、多額の費用をかけても、私たちのキャラクターをコピーし続けている。これは私たちに大きなダメージを与え、アーティストとしての生活にも影響を与えている。このような繰り返される行為を受け入れることができないのは明らか。事態を正すためには、このような訴訟を起こすしかなかった。」と述べている。

created by Rinker
¥400 (2021/10/22 14:44:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,037 (2021/10/22 09:10:04時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す