CBRより

マーベルは「スター・ウォーズ」シリーズの「プライド月間」ヴァリアントカバーを公開した。

「スター・ウォーズ」シリーズではランド・カルリジアンやドクター・アフラなど、LGBTQI+のキャラクターにスポットライトを当てている。それぞれのカバーには、スター・ウォーズのロゴのレインボーバージョンと、LGBTQI+のアーティストによるアートが使用される。

「スター・ウォーズ:ザ・ハイ・リパブリック」#6のカバーでジェダイ・ツインズのテレックとセレットを描いたジャヴィア・ガーロンは、「この2人の素晴らしいキャラクターを描くように誘われたことは、一生に一度の機会であり、逃すことはできなかった。彼らとスター・ウォーズの大好きなところを強調するチャンス。スター・ウォーズは無限の宇宙であり、非常に多様で包括的。ストーリーが進むごとに、その限界は打ち破られ、より豊かで、より面白く、より楽しく探索できるようになる。だから私は、テレックとセレットを、決意と希望に満ちたパワフルなキャラクターとして描きたかった。なぜなら、それが私にとっての偉大なジェダイの意味だから。そして、表現は重要だ。」と述べている。

プライド月間ヴァリアントカバーは6月より発売。

created by Rinker
Marvel
¥2,057 (2021/09/27 17:23:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す