CBRより

以前から映画「スパイダーマン:ノーウェイ・ホーム」への出演が噂されていたウィレム・デフォー演じるノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリンが、実際に出演すると新たに報告された。

Coliderのジェフ・スナイダーは、最新のポッドキャスト「Sneider Cut」で、「ウィレム・デフォーが演じるグリーン・ゴブリンがこの映画のメインヴィランになることは間違いない」と語った。また、ジェフ・スナイダーは、本作がグリーン・ゴブリンを筆頭に、ドクター・オクトパス、エレクトロ、サンドマン、ライノ、リザードが登場するシニスター・シックスの実写版になると聞いていると述べた。

デフォーが演じるグリーン・ゴブリンが「ノー・ウェイ・ホーム」に登場するという噂は、2020年12月に表面化し始め、その2ヵ月後には、同俳優が本作の撮影現場で目撃されたと報じられていた。デフォーは、ファンに人気のあるサム・ライミ三部作の第一作目である2002年の「スパイダーマン」で、この役を演じていた。

ダフォーが「ノー・ウェイ・ホーム」に出演することになれば、アルフレッド・モリーナのオットー・オクタビウス博士やジェイミー・フォックスのマックス・ディロン/エレクトロと並んで、過去の作品に登場したおなじみの顔ぶれの1人となる。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は2021年12月17日に米公開予定。

created by Rinker
¥299 (2021/06/21 22:12:31時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/06/22 04:55:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す