CBRより

「スポーン」の映画化計画については、約1年前から比較的静かなニュースが続いていたが、クリエイターのトッド・マクファーレンが最新情報を提供し、大きな発表があることを示唆した。

映画化の監督を予定しているマクファーレンは、映画がまだ製作中であることを認めたが、自分が書いた脚本を持ちかけた人たちから、個人的に期待していたような反応が得られなかったことを認めている。マクファーレンによると、脚本にスポーン自身が登場ほとんどしないことに、協力者たちは困惑していたとのこと。

マクファーレンはCBRとのインタビューで、「私が書いた脚本は、私は気に入っているが偏りがある。私が期待していたほどの熱意を集めることができなかった。というのも、ほとんどの人が『なぜもっとスポーンが出てこないんだ?』という反応だったから。私はブギーマンが2、3回しか出てこないホラー映画を作った。彼らはそれを理解することができず、私は『ジョーズもすべてのシーンにはいないけど、彼が主役だと思うよ!』と言い続けた。」と述べている。

マクファーレンは「我々は、何人かのベテランの手に委ねることに同意した。現在、2人の大物作家が制作中で、その名前が公表されたら、みんなを驚かせることになると思う。実は昨日、最新情報を入手したばかりで、すべてがまだ前進しているんだ。脚本が私たちのいる場所に着き、すでに入手している全員の系図と作家の名前を見れば、そのストーリーはかなり簡単に売れるだろうと思う。」と続けた。

映画「スポーン」の公開日は未発表。

created by Rinker
¥299 (2021/11/27 18:14:49時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥539 (2021/11/27 17:49:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す