公式より

マーベルとアコナイト・ブックスによる散文小説ライン「マーベル・アントールド」から「ダーク・アベンジャーズ:ザ・パトリオット・リスト」を発表した。ライターのデイビット・ガイマーによって書かれ、ノーマン・オズボーンが自分のイメージ通りのチームを結成することとなり、その秘密を追う。

公式の概要によると「ノーマン・オズボーンの管轄下で、アベンジャーズは最悪のスーパーヴィランたちと密かに再結成されていた。S.H.I.E.L.D.の忠実なメンバーがアベンジャーズ・タワーに侵入し、オズボーンの支配を危うくする映像を盗み出したのは、ダーク・アベンジャーズを弱体化させる陰謀の最初の一手に過ぎない。ノーマン・オズボーンと彼の分身であるグリーン・ゴブリンは、妨害を甘んじて受けるつもりはなく、責任者を粉砕するために最悪の者たちを放ったのだ。」という。

「ダーク・アベンジャーズ:ザ・パトリオット・リスト」はマーベルのスーパーヒーローやスーパーヴィランの新たな物語を紹介する「マーベル・アントールド」の第2弾となる。これらの物語は、マーベル・ユニバースの最も遠い場所にいる最高のヴィラン、魔法を使うヒーローなどを集めたもの。この小説では有名な対決を別の視点から見たり、今まで見たことのないキャラクターのバックストーリーの一部を探ったりすることで、これらの物語を日の目に晒す。この散文小説は、先に発売された「ザ・ハローイング・オブ・ドゥーム」に続く。

「ダーク・アベンジャーズ:ザ・パトリオット・リスト」は2021年10月5日に書店やオンラインストアで発売。

created by Rinker
¥1,194 (2021/06/21 18:17:36時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す