CBRより

Netflixはドラマ「ジュピターズ・レガシー」のシーズン2をキャンセルし、スピンオフ作品「スーパー・クルックス」でシリーズの世界観は継続することを発表した。

ミラーワールドのヴィランたちに焦点を当て、Netflixで実写化されるとDeadlineが報じた。このシリーズは「ジュピターズ・レガシー」と同じ世界が舞台となるが、同じキャラクターが登場するかは不明だという。

ボーンズが制作する「スーパー・クルックス」のアニメ化はすでに決定しており、30分×13話の構成で年内の公開を予定している。今月末に開催されるアヌシー映画祭で、このアニメのファーストルックが公開される予定。実写シリーズはまだ開発の初期段階にあるため、アニメとの関係や違いについては現在のところ不明。

「スーパー・クルックス」はミラーが執筆し、レイニル・フランシス・ユーがアートを担当したコミックとして始まった。スーパーヒーロー・ジャンルの設定ではあるが、電気で動くジョニー・ボルトに率いられた詐欺師、泥棒等のヴィランチームが、金とスリルのために大規模な強盗を計画する。

ミラーは「この世界で次に何を計画しているのかという質問をよく受けるが、その答えは、スーパーヴィランたちが何を企んでいるのかを見ること。私はスコセッシやタランティーノのような犯罪ものが大好きで、スーパーヒーローものの中でも、スーパーヴィランは常に最も楽しい部分。彼らが戦うヴィランだけに焦点を当てた作品を作ることは、自分を刑務所に入れようとする善人がうようよしている世界で、悪人になるのはどういうことなのかを探るのに、非常に新鮮に感じる。」と述べている。

また、この新番組が前作と共通する点についても語っており、「『ジュピターズ・レガシー』は広大で豊かな空間で、たくさんのキャラクターが登場する。だから、ここでの次のステップは、数年前にレイニル・フランシス・ユーと一緒に作った『スーパー・クルックス』コミックの実写版であることをお伝えできることを嬉しく思う。」と述べている。

ドラマ「ジュピターズ・レガシー」はNetflixにて配信中。

created by Rinker
¥1,000 (2021/06/22 05:12:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,399 (2021/06/22 05:12:55時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す