ComicBook.comより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「シークレット・インベージョン」にエミリア・クラークがキャスティングされ、このシリーズでクラークが誰を演じるのかはまだ正確には明かされていないが、彼女にとって魅力的なものであるという。

ComicBook.comがクラークに「シークレット・インベージョン」やマーベル全体に惹かれた理由について尋ね、「今、マーベルがやっていることは、とてもエキサイティングで、とてもクールで、最先端を行っていると思う。彼らはこの世界のAppleのようなものだと感じている。そのファミリーの一員になることは、『なんたこと、私はクールな子供たちの仲間入り。それはとてもクールだ。』と感じた。正直なところ、これを作っている人たちが、私を本当にやりたいという気持ちに押し上げてくれた。この作品は、みんなの心と頭が正しい場所にあると思う。」と述べている。

シリーズではサミュエル・L・ジャクソンとベン・メンデルソーンが演じているニック・フューリーとタロスが再登場する。また、オリビア・コールマン、エミリア・クラーク、キングスレー・ベン・アディールが、それぞれ謎のキャラクターでキャスティングされている。シリーズの監督はトーマス・ベズーチャとアリ・セリムが務める。

「シークレット・インベージョン」シリーズは、ブライアン・マイケル・ベンディス、レイニル・フランシス・ユー、マーク・モラレス、ローラ・マーティンによる2008年と2009年に行われたコミックのクロスオーバーイベントに基づいている。いくつかのタイトルに渡って、スクラルが地球上の最も強力なヒーローに取って代わる侵略計画を実行した。

「シークレット・インベージョン」はディズニープラスにて配信予定。

created by Rinker
¥3,630 (2021/11/27 10:10:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/11/27 11:27:07時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す