CBRより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の主演アンソニー・マッキーがシリーズへの契約に当初は消極的だった理由を明かした。

マッキーはThe Hollywood Reporterとのインタビューで、「このシリーズに参加するにあたっては、多くの恐れがあった。自分が関わったマーベル作品の中で、最初に疑問を持った作品の1つで、本当にやりたいのかどうか自信がなかった。マルコム(スペルマン、シリーズのクリエイター兼ショーランナー)とカリ(スコグランド、このシリーズの監督)がこのキャラクター、このシリーズ、そして実際にマーベル・ユニバースでできたことは、サムの可能性についての私の見方を一変させた。」と語っている。

2021年、マーベル・スタジオ始動――『アベンジャーズ/エンドゲーム』で描かれたラストシーンに直結する新たな物語が明らかに。
ファルコン(サム・ウィルソン)はキャプテン・アメリカから盾を受け継いだものの、その称号を自身が担うには重すぎるものだと考え始める。しかし、やがてキャプテン・アメリカの旧友ウィンター・ソルジャー(バッキー・バーンズ)と共に世界を揺るがす壮大な戦いに巻き込まれていく――。
アベンジャーズの一員として世界を救ってきた、絶対的なヒーロー“キャプテン・アメリカ”を失って混乱した世界で、彼の意志を継ぎ、新たな“キャプテン・アメリカ”となるのは誰なのか…?

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」は2021年3月19日よりディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
¥2,310 (2021/07/27 22:28:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥199 (2021/07/27 21:23:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す