CBRより

マーベルは「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#4でフィリピン系アメリカ人女性アリ・アグバヤニによるキャプテン・アメリカが登場することを発表した。

クリストファー・キャントウェル、アリッサ・ウォン、デール・イーグルシャム、ジョディー・ニシジマによって描かれ、アリはウォンとニシジマによって作成された大学生となる。

ウォンは「エディターのアランナ・スミスから、このシリーズに地元出身の新しいキャプテン・アメリカを作りたいと相談を受けたとき、すぐにフィリピン系アメリカ人の女の子を書きたいと思った。私たちのような存在は、コミックの中ではあまり多くない!私はフィリピン系アメリカ人のコミュニティとは無縁のところで育ったので、フィリピン人のキャラクターを見るたびにワクワクする。そして、キャプテン・アメリカのようなキャラクターを作ることができて、とても特別な気分。アリ・アグバヤニは、小さな私立大学の奨学生。彼女の親友が裕福なレガシー学生(近親者が同じ大学だった学生)の被害に遭っていることを知り、アリは事態を正そうと決意する。しかし、大学は寄付者を満足させることしか考えておらず、キャンパス内の建物の半分が親友の加害者にちなんで名付けられている状況で、彼女に何ができるのか?彼を倒すためには、彼女は創造的にならなければならないだろう。」と述べている。

ニシジマは、「このような重要かつユニークなプロジェクトに、私のマーベルでのデビューが重なったことを光栄に思っている。憧れの作品やコンセプトに自分の考えや経験を提供できること、そして才能豊かで多様なクリエイターと一緒に仕事ができることは、言葉では言い表せないほどの興奮をもたらす。アリのデザインは、私がこれまでに知り合った、日常的にはとても優しくて共感できるのに、困難に直面するとひどく獰猛になるような女の子たちからインスピレーションを受けている。彼女のスタイルは、私や私の友人が安心して自信を持って着られるようなものばかり。彼女の若々しいデザインがうまく伝わり、親近感を持ってもらえることを願っているが、何はともあれ、彼女に命を吹き込むお手伝いができたことをとても嬉しく思っている。」と述べている。

「ザ・ユナイテッド・ステイツ・オブ・キャプテン・アメリカ」#4は9月22日より発売予定。

created by Rinker
Marvel
¥13,036 (2021/06/23 06:37:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す