Comicbook.comより

ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ」では、ウェイン・T・カーがジョン・スチュワートを演じる予定だったことがわかっている。最終的にこのキャスティングはワーナー・ブラザーズとHBO Maxの幹部に承認されなかったため、変更しなければならなかった。スナイダーはジョン・スチュワートの代わりにマーシャン・マンハンターをバットマンと会わすよう変更したが、SNSにおいて変更前のコンセプトアートを共有した。

スナイダーはVeroにおいてコンセプトアートを共有し、神話と宗教を専門とする著名な文学教授である故ジョセフ・キャンベルの言葉を紹介している。「私たちは未来に向かって自由落下している。どこに向かっているのかわからない。物事はとても速く変化していて、いつも長いトンネルを通るときには不安がつきまとう。そして、地獄を極楽に変えるために必要なことは、落下を自発的な行為に変えること。それは非常に面白い視点の転換で、それだけで・・・喜びをもって悲しみに参加することで、すべてが変わる。」

https://twitter.com/SnyderContent/status/1404691351078195201

映画「ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット」が6月25日よりディスク版を、5月26日よりデジタル先行配信中。

created by Rinker
¥2,546 (2021/07/29 22:00:43時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥400 (2021/07/29 19:00:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す