Comicbook.comより

※注意:以下、ドラマ「ロキ」第2話のネタバレを含みます。

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ロキ」において、暗躍する別の変異体ロキの正体が明かされた。以前より予想されていた通りソフィア・ディ・マルティノが女性版のロキを演じており、このキャラクターの登場についてシリーズのヘッドライターであるマイケル・ウォルドロンは、今後の展開について「番組のデッキを一新する」と語っている。

ウォルドロンはCinema Blendとのインタビューで、「私たちはスリル満点の作品を作り続けたいと思っているが、そのためにはダイナマイトを爆発させるのに適したタイミングだと思う。彼女のエネルギーは素晴らしい。彼女はエピソード2で素晴らしい仕事をしている。2人のシーンでは、彼のエネルギーとマッチしている。短い時間ではあるが、とても楽しい。分岐するタイムラインやバリエーションなどを扱う番組では、ロキに対する文字通りの鏡を掲げたいと常に思っていた。そして、これはその方法の1つだ。」と述べている。

かつてアベンジャーズに敵対したヴィラン・ロキが、“世界の時間”を救う!?
アベンジャーズたちから逃げ出した<裏切り王子>ロキは、“世界の時間”を監視する謎の組織に囚われる。
自由の身になるには、タイムトラベルで実際に起きた重大な事件の“歴史”を変え、“世界の時間”を修復しなければならない。
しかし、そのミッションで、人類の歴史に隠された重大な“謎”が明かされることになる…。
変えたい過去は、あるか。全人類を欺く謎解きタイムトラベルスリラー開幕!

ドラマ「ロキ」が2021年6月9日よりディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
¥9,500 (2021/10/18 15:13:35時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/10/17 22:23:06時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す