CBRより

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ロキ」の主演トム・ヒドルストンが、マーベル・シネマティック・ユニバースで初めてクリス・ヘムズワース演じるソーのいない状態でキャラクターを演じることになった感想を語った。

MTV Newsが行ったインタビューの中で、ヒドルストンは2人のキャラクターの極端な違いが、彼らが誰であるかを確立するのに役立ったと語っている。ヒドルストンは「MCUの初期のストーリーでは常に、最初はソーとロキ、ロキとソーという二面性があり、クリスと私はこれらのキャラクターを対立させて一緒に定義していた。」と語った。続けて、ロキは「常にソーとの関係によって定義されていた」とし、その逆もまた然りと示唆した。

ヒドルストンは「私が(『ロキ』に)興奮したことのひとつは、実際にどんなドラマでも、キャラクターから馴染みのあるものを剥がしたり、取り除いたりすると、残ったものについて何かを明らかにしなければならないということ。ロキをソーやアスガルド、そして彼が慣れ親しんできたあらゆるものから遠ざけると、何がロキをロキたらしめるのか?このキャラクターを演じてきた10年間、つまり10年間で6本の映画を作って、準備や研究をしてきた中で、いつもこの異常なほどの範囲と複雑さ、そして彼には巨大な歴史があることを発見した。彼には様々な多面性と矛盾した特徴があり、突然これが新しい環境でその一部を探求する機会となり、その結果、おそらく私にとっても、そして観客にとっても、彼についての新しいことが明らかになると思う。」と述べている。

かつてアベンジャーズに敵対したヴィラン・ロキが、“世界の時間”を救う!?
アベンジャーズたちから逃げ出した<裏切り王子>ロキは、“世界の時間”を監視する謎の組織に囚われる。
自由の身になるには、タイムトラベルで実際に起きた重大な事件の“歴史”を変え、“世界の時間”を修復しなければならない。
しかし、そのミッションで、人類の歴史に隠された重大な“謎”が明かされることになる…。
変えたい過去は、あるか。全人類を欺く謎解きタイムトラベルスリラー開幕!

ドラマ「ロキ」が2021年6月9日よりディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
¥48,450 (2021/11/29 18:28:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/11/29 22:47:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す