公式より

マーベルとアコナイト・ブックスによる散文小説ライン「マーベル・アントールド」から「ゴースト・ライダー」を特集した「ウィッチーズ・アンリーシュド」を発表した。ライターのキャリー・ハリスによって書かれ、3人の魔女がルシファーと対峙するためにゴースト・ライダーと協力することになる。

ゴーストライダーことジョニー・ブレイズは、誤ってルシファーを地獄から解放してしまい、それが深刻な問題となる。ルシファーの魂の断片を追い詰める一方で、ジョニー・ブレイズは魔女のジェニファー・ケール、サタナ・ヘルストロム、トパーズの協力を得て、体をが乗っ取られたジェニファーのいとこであるマグダを追い詰める。ルシファーは魔女たちが守っている「ツェリドナの書」を狙っており、もしそれを手に入れれば、すべての地獄が世界に解き放たれてしまう。

「ウィッチーズ・アンリーシュド」は、マーベルのスーパーヒーローやスーパーヴィランの新たな物語を紹介する「マーベル・アントールド」の第3弾となる。これらの物語は、マーベル・ユニバースの最も遠い場所にいる最高のヴィラン、魔法を使うヒーローなどを集めたもの。この小説では有名な対決を別の視点から見たり、今まで見たことのないキャラクターのバックストーリーの一部を探ったりすることで、これらの物語を日の目に晒す。この散文小説は、先に発売された「ザ・ハローイング・オブ・ドゥーム」と「ダーク・アベンジャーズ:ザ・パトリオット・リスト」に続く。

「ウィッチーズ・アンリーシュド」は2021年11月2日に書店やオンラインストアで発売。

created by Rinker
¥1,201 (2021/09/19 14:53:05時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す