CBRより

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はスーパーヒーロー映画の見方を変えるかもしれない。「シャン・チー」の脚本家デイヴ・カラーハンはマーベル・スタジオの映画について意見を述べ、ファンに最も期待していることを語った。

カラーハンはCBRとのインタビューで、「想像できると思うが、あまり多くを語れないかもしれない。私が自信を持って言えることは、マーベルファンや一般のファンのために、この映画のアクションシーンや戦いのシークエンス、手に汗握る戦いのシークエンスは、これまで(マーベル・シネマティック・ユニバース)で見たことのないようなものだと自信を持って言える。関係者一同、その仕事ぶりをとても誇りに思っている。非常に直感的で実用的なもので、素晴らしいもの。」と述べている。

更にカラーハンは「もっと大きなスケールで言えば、私が言いたいのは、信じられないほど重要な映画だということ。私自身は中国系アメリカ人だが、あの規模のスーパーヒーロー映画でアジア系アメリカ人を主役に据えた初めての映画に参加する機会は、アジア系ファンだけでなく、誰にとっても、ただ可視性と表現のために、本当に意味のある重要なものになると思う。だから、このようなことが実現し、これ以上の喜びはない。今は困難な時期だと思う。だからこそ、このような映画に対する人々の見方が変わり、将来的にスクリーンに映し出されるものが変わることを期待している。」と述べている。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は2021年9月3日より公開予定。監督:デスティン・ダニエル・クレットン、出演:シム・リウ、トニー・レオン、オークワフィナ、ミシェル・ヨー、メンガー・チャン、ロニー・チェン、ファラ・チェン等、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
Marvel
¥2,786 (2021/09/28 08:01:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Marvel
¥29,431 (2021/09/28 02:56:57時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す