Comicbook.comより

マーベル・スタジオ社長ケヴィン・ファイギは、映画「エターナルズ」の監督クロエ・ジャオを雇った経緯を詳細に明かした。ファイギによると映画「ブラック・ウィドウ」の監督を探していた時において、既にジャオの名前が挙がっていたという。

ファイギはRotten Tomatoesとのインタビューで、「クロエは何年も前からマーベルに興味を示していた。『ブラック・ウィドウ』のプロデューサーであるブラッド・ウィンダーバウムが映画監督を探していたときにも、彼女の名前が出てきた。彼女は『ザ・ライダー』という素晴らしい映画を撮っていたが、結局、その映画には参加しなかった。スカーレット(ヨハンソン)の提案でケイト・ショートランドに監督してもらうことができ、とても幸運だった。しかし、『エターナルズ』を制作しているときに、プロデューサーのネイト・ムーアが、ジャック・カービーがマーベルのために生み出した最高の作品のひとつである『エターナルズ』のアイデアを出していた。そして、人類の歴史、人間であることの意味、そしてエターナルズというキャラクターを通した視点という概念に、2人は意気投合した。彼女は美しいビジュアルもさることながら、それよりも重要なこれらのキャラクターについての提案をしてきた。この世界に10人の新しいキャラクターを登場させるのはとても難しいことだが、彼女はそのチャレンジを受け入れ、一人一人にユニークな視点を与えてくれた。最初のピッチとミーティングから、現在の最終版に近い映画に至るまで、彼女はアカデミー賞をいくつも受賞し、『エターナルズ』の可能性を約束してくれたことを嬉しく思う。」と述べている。

アベンジャーズに続く、新たな最強ヒーローチームが遂に始動。それは太古から地球に存在する不死の種族“エターナルズ”の物語――。10年ぶりのアクション映画に出演するアンジェリーナ・ジョリーに加え、「ゲーム・オブ・スローンズ」のリチャード・マッデン、『新感染 ファイナル・エクスプレス』(16)などのマ・ドンソクら豪華キャストが集結。メガホンを取るのは、『ノマドランド』(20)でアジア系女性として初めて本年度ゴールデン・グローブ監督賞を受賞し、本年度のアカデミー賞®にもノミネートされるなど今注目の映画監督クロエ・ジャオ。
精鋭といえるキャスト・スタッフが手掛ける新たな最強ヒーローチーム“エターナルズ”から目が離せない!

映画「エターナルズ」は2021年11月5日より公開予定。監督:クロエ・ジャオ、出演:リチャード・マッデン、クメイル・ナンジアニ、ローレン・ライドロフ、ブライアン・タイリー・ヘンリー、サルマ・ハエック、リア・マクヒュー、マ・ドンソク、キット・ハリントン、ジェンマ・チャン、バリー・コーガン、アンジェリーナ・ジョリーほか、配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

created by Rinker
Marvel
¥5,671 (2021/10/25 23:53:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す