Newsaramaより

DCは新たなミニシリーズ「バットマン:ザ・インポスター」を発表した。全3号のシリーズはライターのマットソン・トムリンとアーティストのアンドレア・ソレンティーノによって描かれ、各国においてローカライズ版が発売され日本も対象となっている。

公式の概要によると「ブルース・ウェインは、バットマンとしての任務を開始してからまだ1年ほどしか経っていないが、自分が成果を上げていることを実感している。しかし、残念なことに強大な敵を作ってしまった。ゴッサムの伝統的な権力者たちは、バットマンがもたらした混乱に腹を立てている・・・そして、そのうちの1人が彼を無力化する計画を立てているようだ。ゴッサムの屋根や路地には第2のバットマンが徘徊しており、そのバットマンは犯罪者を生中継で殺害することに躊躇しない。ゴッサム市警とゴッサムの富豪たちの総力を結集して、バットマンはこの偽者を見つけ出し、なんとか汚名を返上しなければならない・・・しかし、マスクの後ろからどうやって無実を証明するのか?」という。

トムリンは「生涯にわたるバットマンファンとして、ゴッサム・シティに私のスピンを加えることは夢のようだった。『もしもバットマンが実在したら』という問いを、物語上可能な限り追求することで、最近のコミックでは扱われていなかった驚くべき可能性が生まれた。『バットマン:ザ・インポスター』では、ブルース・ウェインと彼を取り巻く人々を、悲劇的な欠陥を持ちながらも、鮮やかな現実として扱っており、バットマンが直面する障害は、我々の現実を密接に反映したものとなっている。彼の長年のファンであるアンドレア・ソレンティーノとの仕事は、絶対的な贈り物だ。彼の生き生きとしたグラフィックと実に天才的なレイアウトが、この物語を新たな高みへと導いてくれた。ジョーディー・ベライアーの驚異的なカラーワークは、私のDCでの最初の仕事を本当に楽しませてくれた。」と述べている。

ソレンティーノは、「バットマンは何冊か脇役として仕事をしたことがあるが、バットマンのタイトルを担当したのは今回が初めてで、とても素晴らしかった。子供の頃、1989年にティム・バートン監督のバットマン映画を見て以来、バットマンの大ファンになった。マットソンとジョーディーと一緒に、ケープド・クルセイダーを描く機会を得たことは、早いクリスマスプレゼントのようなものだった。」と述べている。

「バットマン:ザ・インポスター」#1は10月12日より紙媒体とデジタルで発売され、2022年2月22日にシリーズのハードカバーを発売予定。

created by Rinker
¥2,990 (2021/09/16 12:07:36時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,623 (2021/09/16 14:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す