CBRより

※注意:以下、ドラマ「ロキ」のネタバレが含まれます。

Disney+(ディズニープラス)シリーズ「ロキ」の監督ケイト・ヘロンは、映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」でも征服者カーンを演じるジョナサン・メイジャーズのキャスティングに関与したという。ヘロンにとっては、大暴露の時に適切な俳優を用意することが非常に重要だったという。

ロキとシルヴィはジョナサン・メイジャーズが演じるカリスマ的な詐欺師「在り続ける者(ヒー・フー・リメインズ)」と遭遇し、自分が2人が思っているような「悪魔」ではなく、自分が創造し維持しているものはすべて、戦争や混沌を防ぐためのものであることを明らかにした。そのためには、この複雑な二面性を表現できる俳優が必要で、ヘロンはメイジャーズの起用により、「本当に安心して任せられる」と確信したと語っている。

ヘロン監督はEntertainment Weeklyとのインタビューで、在り続ける者というキャラクターの魅力を伝えるのは簡単なことで、そこでの作業の大半は脚本が担っていた。問題はそのキャラクターに命を吹き込むことであり、監督は「すぐに心を掴まれるような存在感」が必要だと話し、それはすべての俳優ができることではなく、幸いなことに「ジョナサンは最高の役者の一人だ」と述べている。

ヘロンはメイジャーズが「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の征服者カーンのオーディションを受けた際に、彼女がキャスティングに関わったことを明かした。ヘロンは「スタジオとペイトン・リード(『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア』の監督)との間で、彼のキャラクターのキャスティングについての会話に参加できたことは、大いなる名誉であり、とても興奮した。」という。

メイジャーズがオーディション中に様々な役を演じられことを証明し、ヘロンは「彼はみんなが大好きな俳優。私たちは彼にすべてのキャラクターの絵を送ったのだが、彼はそれぞれのキャラクターに対応したさまざまな声を送ってきたので、とても楽しかった。」と述べている。

かつてアベンジャーズに敵対したヴィラン・ロキが、“世界の時間”を救う!?
アベンジャーズたちから逃げ出した<裏切り王子>ロキは、“世界の時間”を監視する謎の組織に囚われる。
自由の身になるには、タイムトラベルで実際に起きた重大な事件の“歴史”を変え、“世界の時間”を修復しなければならない。
しかし、そのミッションで、人類の歴史に隠された重大な“謎”が明かされることになる…。
変えたい過去は、あるか。全人類を欺く謎解きタイムトラベルスリラー開幕!

ドラマ「ロキ」が2021年6月9日よりディズニープラスにて配信中。

created by Rinker
¥48,450 (2021/11/29 18:28:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥299 (2021/11/29 22:47:16時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す